So-net無料ブログ作成
検索選択

マレーシアで生産能力強化(5202)日本板硝子の株価推移 [窯業]

スポンサーリンク




日本板硝子 最近のニュース

日本板硝子は、住友グループに属する
世界大手のガラスメーカーです。

自社よりも売上でも最終利益でも規模の大きな
英ビルキントンを2006年に買収したことで、
一気に世界展開を図りました。

建築、自動車用ガラスが主力です。

タレントの千秋さんの父親(藤本勝司さん)が、
元社長だったことでも有名です。


3日付けの日本経済新聞で
マレーシアの自動車用ガラス加工工場の
生産能力を5割引き上げると報じられています。

マレーシアの新車用ガラスで
日本板硝子のシェアは5割以上あり、

生産能力の引き上げが収益に寄与するものと
期待されています。

欧州でガラス需要が減少した影響で
フィンランド工場を閉鎖しましたが、
その設備を移すことで投資額を大幅に減少できる見込みです。

自動車生産の伸びが見込めるアジアで事業拡大を図ります。


日本板硝子の株価に与える影響

株価には良い影響を与えたみたいです。

マレーシアの自動車生産台数は年間60万台程度ですが、
2020年には70万台になると試算しており、

ガラスの需要も堅調に推移すると見込んで、
5割以上のシェアを握る最大手の日本板硝子は
増産に乗り出すようです。


日本板硝子の株価推移

5202NSG(10Y)20150603.JPG
直近10年間の株価推移を見てみますと、
下落し続けています。

旭硝子も似たような形なので、
ガラス事業が世の中に評価されていないのかも知れません。

儲かっていないのかな?


日本板硝子 今後の株価予想

ガラスと言えばコーニングですね。

液晶ディスプレイ用のガラスパネルを主力としています。

日本板硝子は自動車のガラスや
家やビルなどの窓用のガラスが主力のようです。

防犯用の割れにくいガラスとか、
断熱効果の高いガラスとか、
ガラスも進化していますよね。

最近だとガラスなのかアクリル樹脂なのか
わからないものもありますが、
透明なものはガラスのイメージが強いです。


そうそう、ヨーロッパやアフリカに行くと
ガラス製の碍子があるそうです。

絶縁体としてもガラスは使われているんですね。



スポンサーリンク




今までに投稿した関連する記事
 >> (5333)日本ガイシの株価推移




スポンサーリンク




nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。