So-net無料ブログ作成
検索選択

タイに新幹線(7011)三菱重工の株価推移 [機械]

スポンサーリンク




三菱重工の最近のニュース

三菱重工業株式会社は国内の総合重機首位で、
火力発電所用ガスタービンをはじめ、船舶、エネルギー関連、産業機械、
航空機、ロケット、など幅広い分野で事業を展開しています。


太田国土交通相とタイのプラジン運輸相は
新幹線導入へ向けた調査開始で覚書を締結しました。

開業時期は未定ですが、
タイのバンコクとチェンマイを結ぶ高速鉄道について
日本の新幹線方式を導入する前提です。

実現すると台湾に続く新幹線輸出となります。

台湾新幹線では三菱重工がリーダー的な役割を果たしました。

タイの新幹線導入でもJR東日本を始め、
三井物産や日立製作所、などと共に
三菱重工も参加するものと見られています。


三菱重工の株価に与える影響

タイの高速鉄道事業は1兆円の予算規模だそうです。

三菱重工が単独受注する訳でもなく、
まだ調査開始の合意がされただけなので、
株価に影響を与えることは無いと思います。


三菱重工の株価推移

7011MHI(1Y)20150527.JPG

直近1年間の株価推移を見てみますと、
5月の決算発表以降、株価の上昇が続いていて、
800円を突破しそうな勢いです。


三菱重工の株価の今後予想

戦後、日本で製造されたSLが
今でもタイで走っているそうです。

日本製以外のSLもあったそうですが、
メンテナンスしやすい日本製が残り、
今でも走ることができるそうです。


最近、鉄道事業の海外進出のニュースをよく耳にします。

日立製作所が英国の高速鉄道を受注したのに続き、
ミャンマーの鉄道システムを受注しています。

三菱電機がオランダの鉄道向けに
新型車両用電機部品を受注しました。

川崎重工が米ワシントンの地下鉄を受注したり、
鉄道関連のニュースは豊富です。

一方、中国が高速鉄道分野で競合するようになりました。

中国国内での実績を背景に、
安く建設できるのが強みです。

AIIBの設立後は建設資金
セットで提案することでしょう。


日本の新幹線は品質が良いのは間違いないと思いますが、
高額になりすぎる心配があります。

需要予測に失敗して、
台湾新幹線のように投資資金の回収が
厳しくならないように注意して欲しいですね。

日本の需要予測は、お役所仕事なので、
当たりません。

そのあたりのノウハウは、
日本に頼ってはいけないと思います。



スポンサーリンク




今までに投稿した関連する記事
 >> (7011)三菱重工の株価推移
 >> ターボ事業が大繁忙(7011)三菱重工の株価推移
 >> 戦艦『武蔵』発見される(7011)三菱重工の株価推移
 >> 4度目の延期(7011)三菱重工の株価推移
 >> 2期連続で最高益更新(7011)三菱重工の株価推移


今までに投稿した他ブログサイトの記事
 >> 2015年3月期通期決算(7011)三菱重工の決算情報



スポンサーリンク




nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。