So-net無料ブログ作成
検索選択

2期連続で最高益更新(7011)三菱重工の株価推移 [機械]

スポンサーリンク




三菱重工の最近のニュース

三菱重工業株式会社は国内の総合重機首位で、
火力発電所用ガスタービンをはじめ、船舶、エネルギー関連、産業機械、
航空機、ロケット、など幅広い分野で事業を展開しています。

5月8日午後1時30分に2015年3月期の決算を発表しました。

売上高 3兆9921億円(前期比19.2%増)
営業利益  2961億円(前期比43.7%増)
経常利益  2747億円(前期比50.0%増)
当期純利益 1104億円(前期比31.2%減)

エネルギー・環境部門と機械・設備システム部門が好調で、
売上に大きく貢献し、2期連続で過去最高益を更新しています。

注目されている国産初のジェット旅客機「MRJ」は
2020年前後に単年度黒字化を目指しています。

2017年4~6月に初号機を全日空に納入する予定です。

長崎造船所で2隻の大型客船の建造で難航しており、
1336億円の損失を計上していますが、

大型客船事業は今後も継続していく予定です。

2016年3月期の業績予想です。

売上高 4兆2000億円(前期比 5.2%増)
営業利益  3200億円(前期比 8.1%増)
計上利益  3000億円(前期比 9.2%増)
当期純利益 1300億円(前期比17.7%増)

引き続き、エネルギー・環境部門と機械・設備システム部門が
業績を牽引していくことになりそうです。

一方、防衛・宇宙部門で培った最先端技術を民需に転換し、
成長事業へと押し上げていくことなど、
新たな分野への取り組みも積極的です。


三菱重工の株価に与える影響

三菱重工はザラ場での決算発表なんですね。

市場コンセンサスよりも良い決算だったみたいで、
発表直後に株価が急上昇しています。

懸案となっているMRJの計画遅延と
大型客船の損失ですが、
とりあえずの目処が立っているみたいで、
マイナスの影響は少ないようです。


三菱重工の株価推移

7011MHI(1D)20150508.JPG
5月8日の株価推移を見てみますと、
決算発表があった13時30分に大きく上昇しています。

増収増益は予想されていたのでしょうけど、
予想以上の好決算だったようです。


三菱重工の株価の今後予想

日立製作所やシーメンス、
日本輸送機などとの事業統合で
効果が現れ、増収増益となっています。

今後もM&Aを加速させて、
事業を拡大させ、収益力を強化させていくようです。

ガスタービン事業など、
グローバルで競争力のある製品を持つ三菱重工なので、

強みを生かして、
今後も成長を続けていくと、

株価に良い影響を与えると思いますが、
ここまで大きな企業で、
事業分野が広くなると、

急激な株価変化は無いみたいです。

ゆるやかに成長を続けて、
株価が上昇し続けてくれるといいですね。



スポンサーリンク




今までに投稿した関連する記事
 >> (7011)三菱重工の株価推移
 >> ターボ事業が大繁忙(7011)三菱重工の株価推移
 >> 戦艦『武蔵』発見される(7011)三菱重工の株価推移
 >> 4度目の延期(7011)三菱重工の株価推移



スポンサーリンク




nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。