So-net無料ブログ作成
検索選択

画像センサーの生産能力増強(6758)ソニーの株価推移 [電気機器]

スポンサーリンク




ソニー 最近のニュース

ソニーは、日本のAV機器メーカーです。

4月7日の引け後にCMOSイメージセンサーの生産能力増強を発表しています。

CMOSイメージセンサーはカメラの中核部品で、
長崎テクノロジーセンターと山形テクノロジーセンターに

合計450億円を設備投資し、
総生産能力を月産8万7千枚を目標とします。

2月にも設備投資を発表しており、合計で
現在の月産6万枚から約4割強の2万7千枚増加となります。

CMOSイメージセンサーは、積層型構造の利点を生かして、
小型化、高画質化、高性能化が実現でき、

スマートフォンやタブレットなどの市場拡大を背景に
今後も需要が増加することを見込んでいます。


ソニーの株価に与える影響

発表翌日の4月8日は寄り付きから高騰し、
高値更新で3500円を超えてきています。


ソニーの株価推移

6758Sony(1Y)20150307.JPG
直近1年間の株価推移を見てみますと、
昨年の10月以降、上昇トレンドが継続しています。

今年の2月には業績予想の上方修正で
ストップ高になることもありました。

最近は3500円を目前にもみ合う形となっています。


ソニー 今後の株価予想

2014年度はスマホ部門の不振などから、
営業利益200億円と前年比減益となったソニーですが、

パソコン部門の事業譲渡やスマホ部門の人員削減などの
効果が現れてきました。

さらに、ゲーム機やCMOSイメージセンサーなどの電子部品、
金融や映画部門の調子が良く、今期は大幅に増益する見通しです。

構造改革も続き、ウォークマンの部門を子会社化する計画も発表しています。

VAIOもウォークマンも愛用していた時期があったので、
少し淋しい気持ちです。

このまま、電子部品のサプライヤーとなってしまうのでしょうか。

個人向けよりも、企業向けの方が調子が良さそうなので、
仕方がないことですが、

昔みたいに、ソニー製品を持つことが
ステータスになる時代は再来するのは難しそうですね。

今年の大化け予想銘柄にも挙げられていたので、
電子部品でしっかり儲けていけば、
今後の株価も上昇していくことでしょう。



スポンサーリンク




今までに投稿した関連する記事
 >> 格安スマホに参入(6758)ソニーの株価推移
 >> 業績回復でストップ高(6758)ソニーの株価推移


NAVERまとめ
 >> 2015年度に大バケ期待の銘柄【電機・精密編】



スポンサーリンク




nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。